SE215speの特徴から分かった抜群のコストパフォーマンス

ShureのSE215speの特徴

SE215speの特徴は、まずなんと言っても抜群のコスパの高さです。

SE215speはロングセラーのSE215を新たにチューニングしたモデルですが、
SPECIAL EDITIONと銘打っているだけあって、
とてもクオリティの高いイヤホンです。

私もりぞーも、普段使いはSE215speを愛用しています。

ShureSE215speの特徴

  • ロングセラーのSE215をベースに、より厚みのある低域を実現するチューニングに
  • 日常使用に最適な長さの116cmケーブル
  • 耳元が映えるデザイン性の高いトランスルーセントブルーの本体

SE215speの音の厚みを感じられるチューニングがスゴイ!

SE215speは「SE215に低音を加えたチューニング」ともいわれますが、
むしろ注目すべきは中域です。

SE215で少し気になった低音のこもりが無くなったことで、
中低域により厚みが出てよりクリアに聴こえます。

1万円クラスでここまで高くチューニングされたイヤホンは、
本当にありません!

迫力のあるドンシャリサウンドを楽しむならSE215speで決まり!

116cmケーブルが使いやすい

ノーマルのSE215はケーブルが162cmに対し、
SE215speは116cmと少し短くなっています。

そもそも1.6mというのはステージで使うイヤモニ基準なので、
個人が音楽をリスニングする時に最適な長さではありません。

長いケーブルほど音楽を聞く時に邪魔になるものはないですよね…。

SE215speはケーブルのとりまわしが良くなっていて、
とても扱いやすいです。

ひと目で分かる鮮やかなトランスルーセントブルー

「色」が好みでこのイヤホンを選んでいる人も多いはずです。

SHUREにはめずらしく少し奇抜なカラーですが、
グレーケーブルのカラーコンビもバッチリ決まります!

鮮やかな青なのでケーブルの色と組み合わせてもオシャレです。
私もりぞーはオレンジ色のケーブルにリケーブルしてます。

SE215speのここに注意!

SE215speはドンシャリ系のイヤホンとされていますが、
低音が増えてる分だけ高音部分が少し弱いです。
それでも価格を考えると素晴らしいほどの合格点ですが…。

「奮発して1万円くらいのイヤホン買ってみよう」という人には、
素晴らしい世界が待っているでしょう。

また、「デイリーユースに良い音を持ち歩きたい」という場合もいいですね。

一方で、耳の肥えた人がランクダウンさせてSE215speを聴くと、
高音の質が気になるかもしれません。

SE215speは、売れ筋ランキングの常連!
音質もデザイン性も洗練されたコスパ抜群の大人気イヤホン!
スポンサードリンク

コメントを残す