SE425はモニターライクな素直な音質が特徴

ShureのSE425の特徴

ShureのSE425はモニター向けのサウンドが特徴のイヤホンです。

SEシリーズの原型はEシリーズというイヤホンですが、
Eシリーズはミュージシャンのステージモニター用に開発されたイヤホンです。

「原音をありのままに再生する」という意味では、
SE425が最もShureらしいサウンドともいえます。

ShureSE425の特徴

  • BA型ドライバーを高域用と低域用に2基搭載!
  • 原音を忠実に再現する能力では上位機種を抜いてピカイチ!
  • フラットな音質で音楽をスッキリと聴ける

2基の高精度MicroDriverを搭載!

SE425からの機種はドライバーを複数搭載しているので、
音の繊細さや表現力の高さが一気に上がります。

SE425の場合、低音専門と高音専門のドライバーが1基ずつ搭載されているので、
低音から高音までを上手くカバーできていて正確な音を再生できます。

再生帯域が狭いというBA型ドライバーの欠点を補うには、
やはり複数のドライバーは必須ですね。

原音を忠実に再現するモニター的能力が秀逸

イヤホンは大きく以下の2つのタイプに分けることができます。

リスニング用イヤホン

音楽を楽しめるように設計されたイヤホンです。

音質が悪かったり、音色が偏っている音楽でも、
バランス良く耳に届けてくれる機能を持っています。

5点の音でも7点、8点、9点と味付けをしてくれるので、
音楽を楽しむ場合は最適です。

モニター用イヤホン

音楽を忠実に再現するために設計されたイヤホンです。

主に音楽制作者やミュージシャンなどが使うもので、
より質の高い音楽を制作する為には必須です。

彼らにとっては5点の音は5点で聴こえてくれないと、
制作段階において逆に困りますよね?

余計な味付けがされないサウンドが聴けるので、
制作側やフラットな忠実な音を楽しみたいという人には最適です。

SE425は数あるSEシリーズの中でも、
特にモニター向けの色合いが強いイヤホンです。

心地良く耳に優しい刺さらないサウンド

クラッシックやジャズを静かに楽しみたい場合などは、
SE425は最も向いていると言えます。

また、「聴き疲れ」がしないのもポイント!

長時間音楽を聴いていても耳が疲れません。
はっきりくっきりの解像度よりも、
使っていて疲れない優しさが優先されたイヤホンです。

SE425のここに注意!

原音をありのままに再現する音には定評がある一方で、
ドンシャリ系サウンドに慣れた耳には低音が圧倒的に物足りなく思うはずです。

5000円以下くらいのイヤホンからSE425に乗り換えると、
「高い割にダメじゃん」で終わってしまう可能性があります。

ドンシャリ系のリスニングイヤホンとの差は大きいので、
その点は注意が必要です。

SE425は、SEシリーズきってのリスニング型イヤホン。
良い意味で面白く無いサウンドなのでリスニング用途としては上級者向きです。
スポンサードリンク

コメントを残す