SE846の特徴と致命的な欠点とは?

ShureのSE846の特徴

Shureの最上位モデルとなるSE846を紹介します。

これまではSE535がフラグッシップモデルでしたが、
音質も価格も別次元のSE846!

低域、中域、高域のそれぞれを別のドライバーが担当するので、
音のぶつかり合いがまったくありません。

中域専用のドライバーが加わったことで、
澄み切ったサウンドで表現の繊細さが格段にアップしています。

より音がくっきりとし、鮮やかな音色になっています。

ShureSE846の特徴

  • 低域×2、中域×1、高域×2の3ウェイ・4ドライバー構成
  • 聴こえなかった音が聴こえてくるほどの高い解像度
  • ノズルインサート交換によるサウンドカスタマイズができる!

本物のサブウーハーの豊かな低域を再現したドライバー構成

車にウーハーを積んでいたり、ホームシアターを5.1chにしたり、
低音がプラスされることによって音は厚みを増しますよね?

SE846にはそんなサブウーハーが耳に付いているとお考え下さい。

10枚のステンレスプレートからなるローパスフィルターも搭載されているので、
各帯域の音もくっきりと分離されます。

それぞれの音が濁らずに耳に届くというのは快感そのものです。

音の余韻などもはっきりと聴こえるSE846

ボーカルの息遣いや楽器の余韻など、
それまで聴こえなかった音が聴こえてきます。

SE535までのイヤホンとはまったく別の物と考えてもいいほど、
SE846は音場感や空気感が半端無く優れています。

ノズルインサート交換によるサウンドカスタマイズ

SE846のノイズインサート

SE846には特製の異なるノズルインサートが付いてきます。

ノズルインサートはチューブ型をしているフィルターで、
好みに合わせて音を変えることができます。

ニュートラルな特性で標準的な「バランスタイプ」、
高音域を強調して純度の高いサウンドにしてくれる「ブライトタイプ」、
温かみのある音に変えてくれる「ウォーム」があります。

帯域の特性をダイレクトに変更するパーツなので驚くほど音が変わります。

SE846のここに注意!

SE846の欠点は2つあると思います。

1つめはなんといっても、高すぎ!

SE535LTDの5万円オーバーでもなかなか度胸がいりますが、
一気にほぼ倍額の10万円オーバーはヘビーだと思います。

SE846の音を知れば納得という意見も多いですが、
「知らぬが吉」でSE535系あたりで納得しておくのも1つですね。

 

そして2つめは、高過ぎる解像度です。

解像度が良いということは素晴らしいことですが、
良い音が聞こえるということは悪い音も聞こえることに他なりません。

徹底的に分離された音は一歩間違えればバラバラに聴こえてくるので、
「ながらリスニング」では本来の作業に集中できません。

「ボーカルの人のあの部分の息遣いが気になる!」
「ギターの人のフレットの上を滑る指の音が気になる!」

そんな感じで曲を聴いてても音が気になって気になって…という具合です。

さらっと使いやすいモデルではないと思うので注意が必要です。

音の厚み、くっきりとしたサウンド、クリアさなど、間違いなく最高レベルのハイエンドイヤホン
スポンサードリンク

コメントを残す